ステノカクタスの置き場所ってどこが最適!?

ステノカクタスを始めて育てる際、どこに置き場所を決めたらいいか迷いますよね。
実は日当たりが良すぎてもステノカクタスが枯れてしまう原因にもなります。
今回の記事ではステノカクタスを枯らさない置き場所についてご説明します。

ステノカクタスの置き場所は季節によって考える!?

ステノカクタスの置き場所を考える際、意識して欲しいのは、ステノカクタスが自生している環境です。
ステノカクタスは南アメリカからメキシコにかけての非常に乾燥した砂漠地域に自生しています。
砂漠では日中と夜間の温度差が非常に激しく、昼間は40度、夜間は5度くらいまで冷え込むこともあります。
しかしステノカクタスは体内に多くの水分を溜め込んでいるため、0度になってしまうと凍って枯れてしまいます。
また真夏の直射日光や、強い西日は日焼けの原因になるので避けましょう。

結論!ステノカクタスの置き場所はここ!

1年を通して夏場、冬場と置き場所を変えてあげられると一番ステノカクタスに取っては良い環境です。
春から秋にかけての暖かい時期はステノカクタスの成長期です。グングン育てるには日光のたくさん当たる場所に置いてあげましょう。
冬の寒い時期(10度以下になる)は室内の日当たりの良いかつ、風通しのいい場所が好ましいかと思います。