黒王丸サボテンは水栽培できる?挑戦してみては?

黒王丸サボテンの無骨さが減るかも!水栽培はできるのか?!

実際には、黒王丸サボテンの水栽培の成功例はほとんどありません。
水が極端にいらない地方で育っているので、
水栽培よりもエアープラント的なイメージが強いためかもしれません。

黒王丸でもできるかも?一般的なサボテンの水栽培方法は?

一般的なサボテンの水栽培の始め方は以下の通りです。
まず、サボテンを準備します。
サボテンを鉢から取り出し、土を取り除きましょう。
トゲで刺されると大変なので、かならず軍手をしましょう。
土ごと鉢から取り出すような感じで、やさしく抜いてください。

次に、いらない根っこをきりましょう。
水栽培していくと、新たに根が生えてきますので、がっつり切っても心配いりません。

次に、サボテンを新聞紙などに包み、日陰で10日程度乾燥させます。
サボテンを十分乾燥させたらいよいよ、水を張ったガラス瓶などの容器にセットします。
この時、根に水がぎりぎり触れる程度に水位を調整しましょう。

日の当たらない場所で、2日に一回程度お水を変えながら、根の長さが3~5cm程度になるまで置きましょう。

次に、日当たりのいい窓辺に移します。
水換えは2日に1回程度で実施しましょう。