黒王丸サボテンにカビが生えたら?対処法は?

黒王丸にカビが生えたときの原因は?

黒王丸は若干白っぽいので、もしかしたら、カビが目立ちにくい場合もあるかもしれませんね。
黒王丸は原産地が比較的湿度が高い環境ですので、湿度が原因でのカビは発生しにくいです。

黒王丸サボテンにカビが生えた場合に可能性があるのは、害虫(ワタムシなど)が出す排泄物にカビが生える場合が一つあります。
また、黒王丸にもし花が咲いていた場合、花ガラなどにカビが付きサボテン本体にもカビが生えます。
なお、サボテンではなく、土にカビがついているという可能性もあるので、よくみてください。
カビが原因となって発生する病気もあるのでカビには早急に対処しましょう。
土壌伝染病や立ち枯れ病・疫病・灰色カビ病・炭そ病が代表的な病気として挙げられます

。

黒王丸をカビから救うための対処法は?

まず歯ブラシ・ティッシュでカビを取り除いてみましょう。
ちょっとしつこいカビですと、ホームセンターなどで売っているカビ取り剤が有効です。
取れない場合は、カビが付いている部分や、変色している部分ごと切り取ってしまうという手もあります。
切り取った部分はよく乾燥しましょう。
切り取った部分から子株が生えてくることもありますよ。