黒王丸に肥料を使う!?その目的と注意点とは!?

黒王丸サボテンを大きく育てるには肥料が必要?

基本的には、サボテンには肥料はいりませんが、
黒王丸サボテンは成長が遅い分、少しでも成長を早めたい人は、肥料を使うのもいいでしょう。
サボテンの根はとてもデリケートですので、
ちょっと強い肥料を与えすぎると根腐れを起こしてしまうこともあります
黒王丸サボテンは、サボテンの中では比較的丈夫ですが、
肥料を与える時期、肥料の量を考えて注意深く実施しましょう。

肥料をあげる時期は春・秋がよいですね。
植え替えというより土を交換するイメージで土を交換しましょう。
液体肥料、固形肥料を追加するのも簡単でよいですね

黒王丸サボテンに肥料をあげ始める時期は?

肥料で根腐れの可能性があるというと、肥料を与えるのにためらいが生じます。
なにかトラブルがない限りは、サボテンを栽培して1~2年後から肥料をやり始めても大丈夫です。
自然のサボテンは何も肥料がない状態ですので、肥料はなくてもいいのです。
(しいて言うと、動物の排泄物などはあるかもしれませんが)
肥料の適量をマスターすることをまずは考えましょう。
最初は、ちょっと少な目の量で様子をみて、物足りないようであれば、肥料の量を増やしましょう。