黒王丸サボテンに害虫がついたかも?どうすればよい?

黒王丸サボテンに、害虫がつくとどうなる?

黒王丸サボテンに白っぽい綿のようなものがついている場合、害虫の可能性もあります。
ワタムシ、ネジラミ、などは、体が綿に覆われたようになっていて、一見虫かわからないような感じですが、気を付けて見てください。
カイガラムシも、白っぽいですね。
黒王丸サボテンは、頭の上に綿毛が生えているので、綿毛の部分についた虫がついた場合、気が付くのが遅れる場合があります。
短期間で旧繁殖する害虫もいます。早期発見を心がけましょう。

湿気が多い時期は、ダニが発生しやすい時期でもありますので、
なるべく気を付けてみるようにしましょう。

黒王丸サボテンに、害虫がついた場合の対処法は?

まずは、黒王丸サボテンに害虫がつかないように対策をとりましょう。
最初から土に混ぜ込むタイプの殺虫剤を使ってもいいですが、
強力すぎる殺虫剤成分でサボテンが枯れることがないよう、量は気を付けましょう。

普通の植物と一緒に飾ると、サボテンに害虫が移動することがありますが、虫が嫌うハーブ類をおくのは害虫対策としても、インテリアとしてもいいですね。

また、最初から虫が潜んでいる腐葉土を使わないようにすることも大切です。
サボテン・多肉植物専用の土を使いましょう。