神竜玉をオシャレに水栽培してみよう!簡単一手間でできますよ!

水栽培ってご存知ですか?最近流行りの植物の栽培方法で、水、(場合によっては液体肥料)のみを使って栽培する方法です。
神竜玉を始めとするサボテンでも水栽培が可能で様々なメリットがあります。

神竜玉を水栽培!こんなにメリットがあるよ!

神竜玉を水栽培すると土での栽培と違ったメリットがたくさんありまます。
まずオシャレ!瓶の上にちょこんと乗った神竜玉は非常に可愛らしくオシャレです。
害虫がつきにくいのも水栽培のメリットです。害虫は基本土のあるところに発生するので、害虫リスクは非常に低いです。
水やりの必要がない。神竜玉を始めとするサボテンは水やりのタイミングがなかなか難しいのですが、水栽培の場合は常に根っこが水に浸かっているので水やりが必要ありません。

神竜玉を水栽培用に一手間加えよう!

神竜玉を水栽培するにはそのまま水に突っ込むのではダメなんです。
土で栽培されている神竜玉の根っこはそのまま水に浸すと腐ってしまいます。
そのため、水栽培をする際は水栽培専用の根っこを生やしてあげる必要があります。
まず、プランターから神竜玉を取り出します。
根っこを根元から1cmほど残してカットします。
周りについている土も綺麗に取ってあげてくださいね。
その後3日ほど日陰の風通しの良い場所で神竜玉を乾燥させます。
根っこの先がギリギリつくかつかないかのところまで水を入れてあげてください
これで準備完了です。オシャレな水栽培を楽しんでくださいね。