神竜玉サボテンが枯れる!?よくある4つの原因とは!?

多肉植物の仲間である神竜玉サボテンは普通の植物に比べ水を蓄えることが出来、水やりの回数も少なく比較的育てやすい事からガーデニング初心者にも人気のある植物です。しかし、育てやすいとはいえ神竜玉サボテンも枯れる事がもちろんあります。では、神竜玉サボテンが枯れる4つの原因を紹介していきます。

神竜玉が枯れるのは日光が原因!?

神竜玉サボテンは1日に3〜4時間は日光が必要です。ただし、夏場などの強すぎる直射日光に当てると日焼けを起こし枯れてしまいます。ただ日光に当てていればいいという訳ではありませんので注意しましょう。

神竜玉が枯れるのは水不足が原因

神竜玉サボテンは水を与えなくても育つという思い込みのせいで水やりをしないま放置する事で枯れてしまいます。神竜玉サボテンも植物ですので水分は必要ですので水やりはしっかりしましょう。

神竜玉が枯れるのは根腐れが原因

水を与えすぎにより根腐れを起こしてしまいます。根も呼吸をしていますので水を多く与える事で根が呼吸出来なくなり根腐れの原因になります。水は与えすぎても与え無さすぎても枯れる原因になりますので注意しましょう。

神竜玉が枯れるのは間違った土選びが原因

お店で販売されているサボテンは見た目を綺麗にするために化粧土や化粧砂を使用している場合があります。このような土や砂は短期間なら問題ないですが長期間は向いていませんので水はけの良い土に変えてあげる必要があります。