神竜玉にカビ!?その原因と対処方法とは!?

神竜玉サボテンはとても強くて世話が簡単と思われがちですが、環境に気を配っていなければ、もちろん病気の可能性が出てきます。

そこで、神竜玉サボテンのカビが生える環境について、見ていきましょう。

神竜玉にカビが生える原因

カビが生える原因として、温度や湿度があげられます。
温度が高い部屋で育てられたサボテンはカビがどんどん増える可能性があります。カビの大好きな湿度、これが原因で菌がつきやすくなるのです。
神竜玉サボテンについたカイガラムシという害虫の排泄物からカビが発生し、見た目が悪くなっていくと同時に、生育も悪くなります。
そうなってしまった場合の神竜玉サボテンは、どうしたらよいのでしょうか?

神竜玉にカビが生えてしまった時の対処法

軽い症状のカビの場合は、専用のカビ取り剤を使って、歯ブラシなどで軽くこすります。これである程度の排除は可能ですが、それでも痛んでいる場合は、はさみやナイフを使ってカットするとよいでしょう。
切り取った後の神竜玉サボテンの葉の切り口を十分に乾燥させる必要があるので、屋外の日陰や風通しの良い場所で、よく乾燥させてあげましょう。
定期的に植え替えをして、土からのカビに備えるのもいいですね。神竜玉サボテンの種類によっても違いますが、だいたい一年に1~2回を目安に植え替えるとよいでしょう。