金冠竜サボテンの植え替え!正しい手順とは!?

金冠竜サボテンの植え替えに最適なペースとは!?

肥料や水をあまり必要としない金冠竜サボテンですが、植え替えは必要です。通常1~3年に1回です。小さなものは1年に1回行うようにしてください。
植え替えの鉢は成長に合わせて、金冠竜サボテンの一回りくらい大きい鉢を、用意してください。大きすぎる鉢は、土の中の水分量が調整出来ず、根腐れの原因にもなります。

金冠竜の植え替えの仕方

  1. まず、下準備です。植え替え1週間前から、水やりをしないようにします。そして、サボテン用土の準備も忘れずに。
  2. さっそく植え替えです。鉢を叩いたり、揺すったりして、株を慎重に取り出します。この際、根を傷つけないように注意してください。
  3. 次に、根を傷つけないよう土を払います。できる限り、全ての土を取り除いてください。串や筆を使うっても構いません。水では、洗い流さないでください。
  4. そして、状態の悪い根をハサミで切り取り、根がたくさん残っている状態であれば、根の1/3を切断します。根があまり張っていない場合は、切らない方が良いです。
  5. 根を植物用消毒液や、アルコール消毒液で消毒し、20分からサボテンによっては1時間日光に当てます。その後半日間、日陰で乾燥させましょう。
  6. いよいよ植えていきます。まずは、鉢の準備です。鉢底に虫除けネットと、底石を敷きます。サボテン用土を入れ、その上に金冠竜サボテンの根が広がるように置きます。その周りに、サボテン用土を流し込みます。
  7. 植え替え1週間後、水やりを始めてください。

以上が上手な植え替え方法です。
あなたの金冠竜がすくすく育つといいですね。