翠冠玉サボテンの植え替えのタイミングと、適した時期は?

翠冠玉サボテンの植え替えをすべきタイミングは?

翠冠玉サボテンは、植え替えにより成長が促進されます。

植え替えの時期は、春または秋がいいですね。
夏の成長期と、冬の休眠期を避けて実行しましょう。
植え替えは1年に1回したほうが成長は早まりますが、
しなければ、すぐに枯れてしまうということはありません。

ただ、鉢の中に根がいっぱいになってしまうと水はけが悪くなって元気がなくなります。
数年間植え替えていないようなら、簡単ですので植え替えを検討しましょう。
サボテンの鉢を裏返して、根っこがはみ出している状態、水やり時に水の染み込みが悪いときは、時期をみて植え替えたほうがいいです。

翠冠玉サボテンの植え替えの注意点は?

まず、サボテンを植え替える前に水やりは控えましょう。
土が湿っていると、根がきれやすくなります。

翠冠玉サボテンは根っこが太いので、丸い部分をもってもなかなか抜けにくいです。
割りばしなど細いものを鉢と土の中に差し込み、土ごと抜くようにしましょう。
土をはらったら、根っこを数日間乾燥させます。。
その後、あらかじめ用意しておいた土を入れた鉢に植え替えましょう。