意外と難しい!?金冠竜サボテンの育て方とは!?

金冠竜サボテンも上手に育てないと枯れます…

皆さんは、金冠竜サボテンにどのような印象をお持ちでしょうか。水やりが少なくて済む、育てるのが簡単、暑くても大丈夫、枯れない・・・そのようなイメージをお持ちではないですか?ズボラな人が、笑い話として、「サボテン枯らしちゃうぐらいだから、ペットも花も無理~」と話しているのを、よく聞きます。でも実際は、サボテン「すら」枯らしてしまったのではなく、金冠竜サボテンの「正しい育て方」を理解していなかったのです。
正しい育て方なしに、金冠竜サボテンを育てることは出来ません。間違った育て方をすれば、金冠竜サボテンも枯れます。水がいらないのではなく、水分を蓄えやすく、乾燥に強いだけです。また、日光も大切なので、カーテンを閉め切った室内に放置しておくと、枯れてしまいます。

金冠竜サボテンが育つのに大切な要素

それは、日当たり、風通し、日光です。春から秋にかけては、日当たりの良い室内においてください。一日最低3~4時間は日光が当たるところにしてください。
室外におく場合は、コンクリートの照り返しに気をつけ、最低気温が10度以下になる季節は、必ず室内に入れるようにしてください。また、夏の強すぎる日光は日焼けを起こす可能性があります。気をつけてください。