翠冠玉サボテンは、どういう温度で育てるのが安心?

スイカンギョクは暑い分には大丈夫?

日本で育てる分には、砂漠のような暑さになるとは考えにくいですね。
ただし、熱帯夜はサボテンが苦手です。
もともとサボテンが育っていた砂漠では昼が高温なのに対して、夜はぐっと気温が下がります。
とはいっても、暑さには翠冠玉サボテンは強いので、よほどのことがない限り暑い分には心配がいらないでしょう。
ただし、直射日光があたらないように注意してください。
変色などのトラブルが起きると、日焼けは治らないので、成長をまって、日焼け部分が根っこに近づいて見えなくなるのを待つしかありません。

スイカンギョクは冬は室内に入れるべき?

暑い夏場であれば、なるべく日光が当たる屋外で育てたほうがよいですが、
翠冠玉サボテンは-5℃程度までは大丈夫ですので、真冬でも、室外で管理できます。
ただし、雪がふる地域では、室外においたほうが無難です。
昼間は、たっぷり日があたる窓辺に置くのがいいでしょう。
朝晩の冷え込みで凍ってしまうことがありますので、夜になったら暖かい室内に場所をうつしましょう。
冬場には水やりの水の温度にも注意しましょう。凍ってしまうのを避けるために、むしろ水は極力やらないくらいでも冬場は大丈夫です。