金冠竜サボテンの最適な置き場所ってどこ!?

金冠竜の好む場所は猫が好きな場所と似ている

日当たりが良く、風通りが良い場所に、おいてください。日当たりが悪かったり、風通しの悪い閉め切った部屋に、金冠竜サボテンをおいておくと枯れてしまいます。一人暮らしで、カーテンを閉めたまま、夜に帰ってくると言う人は要注意です。

室内に金冠竜を置く場合

室内で育てる場合は、日当たりの良い窓辺に置くようにしましょう。最低でも1日3~4時間程度は、日光があたる場所を探してください。また、夏場は室内であっても、強すぎる日差しで日焼けを起こしてしまう場合があります。レースカーテン越しに、日が入るようにしてください。

室外に金冠竜を置く場合

室外で栽培する場合は、雨が当たらない場所にしてください。雨が当たると、金冠竜サボテンが腐ってしまいます。屋根の下や、雨よけのビニールをつけるようにしてください。また、ベランダにおく場合は、コンクリートの照り返しに注意が必要です。ベランダのほとんどはコンクリートだと思います。植物用の棚を作ったり、人工芝を敷いて照り返し予防をしてください。
また、寒い時期は、ビニールハウス(温室)などを利用し、凍結を防ぐようにしてください。室外で育てる場合も、ビニールハウスや保温フレームをつけることで、問題がなくなります。