翠冠玉サボテンは、どういった場所で育てるのが正解?

翠冠玉サボテンは水が好き?どこで育てるのがいいの?

見た目がかわいらしい翠冠玉サボテンは屋内に置きたくなりますね。
本当は、翠冠玉サボテンは屋外に置いたほうがいいです。
やはり、サボテンが元気に育つには、日光が必要です。
ただし雨がかかると根腐れの危険がありますので、軒下やベランダに置きましょう。
コンクリートの照り返しも変色の危険があるため要注意です。
棚やフェイクグリーンなどを準備してあげるといいでしょう。
インテリアとして屋内に置きたい場合は、
一日3~4時間は日光をたっぷりあてましょう。
日当たりがいい窓辺に置いたり、外出時のみ屋外に出すなど工夫してください。
屋内に置くことはデメリットばかりではありません。
目にすることが多いため、病気などに気が付きやすいというメリットがあります。
害虫もつきにくくなります。

翠冠玉サボテンを室内にいれるべき時は?

梅雨時は、翠冠玉サボテンは、屋内にいれた方が無難です。
日光は当てるようにしてください。
冬も、室内にいれる分にはいいですが、日光は必要です。
雪がふって、凍結の危険がある場合のみ、室内にいれてあげましょう。
寒さには強いですが、凍結してしまうと枯れる恐れがあります。