金冠竜の水やりは適切に!与えすぎは枯れる原因にも!?

金冠竜は乾燥に強いが、水分は必要

金冠竜サボテンは成長が遅いので、たくさん水を与えすぎると根腐れを起こしてしまいます。
春~秋は生長の季節です。だいたい2週間に1度は、水を与えるようにしてください。水の量は、受け皿から水が溢れるくらいを目安にしてください。そして、受け皿に溜まった分は捨ててください。余分な水分は厳禁です。
そして、休眠期である冬には水分を控えてください。春~秋のように水分を与え続けると枯れてしまいます。1ヶ月に1回を目安に水やりをしてください。土が少しでも濡れていれば、水を与えるのはやめてください。また、夏に休眠期のサボテンもあります。品種ラベルをしっかりと確認し、適切な水やりをしてください。

夏が休眠タイプのサボテン

夏に休眠タイプのサボテンには、水を与えないようにしてください。一切与える必要はありません。半日陰でしっかりと休眠期を過ごさせてあげましょう。

金冠竜の水やりは初心者には難しい?

これだけ、いろいろ書かれると初心者には難しいように感じるかもしれません。しかし、要点を押さえておけば大丈夫です。初挑戦で枯らしてしまった・・ということにならないよう、しっかり勉強していきましょう。