金冠竜サボテンをおしゃれに水栽培!?

金冠竜は水栽培でも大丈夫?

水分過多のせいで、根腐れになると紹介したばかりですが、あれは土の中に含まれる水分が腐ったり、雑菌が繁殖した結果根腐れが起こっている場合が多いのです。つまり、常に酸素がたっぷり入った、新鮮な水を与えていれば、枯れる心配もありません。

金冠竜サボテンの水栽培のやり方

まずは、水栽培する金冠竜サボテンを用意しましょう。最近では、サボテンは100円ショップでも売っていますし、ホームセンターでも手に入ります。
次に、金冠竜サボテンを鉢から抜いて、根に付いている土を綺麗に落としましょう。弱っている根や、手で触って切れてしまう根は取り除きます。根がよく張っている状態の金冠竜サボテンは、3/1程度根を切り落とします。張っていない金冠竜サボテンの場合は、切り落とす必要はありません。
そして次に、根を植物用消毒液や、アルコール消毒液で消毒し、1日風通しのよい場所で乾かします。
可愛い容器にセットし、根の1/3位まで水を入れて完成です。
1週間程度で新しい根が生えてきます。これが、今回の水栽培で生えてきた新しい根です。

可愛くおしゃれに

100均やインテリアショップで、可愛い、おしゃれな容器を見つけてください。もちろん購入しなくても、おしゃれなジャムの空き瓶などでも、可愛くできます.