短毛丸サボテンを置くのにもっとも適した場所はどこでしょう

南米原産の短毛丸サボテンですが、置き場所がたいへん重要です。
季節による短毛丸サボテンの置き場所のちがいを見ていきましょう。


季節による短毛丸の置き場所のちがい

春は外に置いてある場合、夜間の冷え込みが激しい場合には室内に取り込みます。
日中は外に出して日光に当てます。

夏は日差しが強くなる季節なので、直射日光に当たらない場所に置きます。
日陰の涼しい場所や、風通しのいいところに移動させます。
雨やエアコンの風が直接あたらない場所に設置します。

秋は基本的に日光の当たる場所に置きます。

日差しが強いときは半日陰に移動します。
暑い日は日焼けするので、外に出しっぱなしにしてはいけません。

こまめに置く位置を替えて短毛丸サボテンの環境を整えます。

冬は屋外に出す場合は日当たりの良い場所に置きます。

室内では日の当たる窓辺に置きます。
窓辺に置きっ放しにすると、霜や寒さにやられるので注意が必要です。

夜は窓辺から離して暖かい場所に移動します。

短毛丸サボテンの置き場所はズバリここ!

サボテンの置き場所は季節によって異なります。
日の当たり具合や日差しの強さを考慮して、こまめに位置を替えてください。
基本的に風通しの良い場所に置きます。
寒過ぎる場所、湿度が高いところには絶対に置かないことがポイントです。