サボテン江守の温度管理に気を配ることで成長を促進させる

サボテン江守の温度管理の重要性

サボテン江守は暑い地域に生息する植物ですので、温度は多少暑くても耐えることができます。

大体40度ぐらいならば耐えることができるので、日本の夏の温度でも耐えきることができます。

しかし、逆に温度が低くて寒いとサボテンは耐えるのが難しく枯れてしまうことがあります。

そのため、温度調整にも気を配る必要があります。

春や秋の温度はサボテン江守にとっても良い温度なので、大体20度くらいのところであれば、成長に関して問題ないと思います。

江守の温度管理は季節の変わり目に注意する

温度によって影響を受ける江守ですが、特に季節の変わり目は注意すべきです。

急に寒くなったりすると、江守も寒さに耐えきれなくなって枯れてしまう原因になるので、寒くなりそうだと思ったならば、室内の温かい場所に移し替えるなどして、温度には気を配るようにしてください。

また、熱帯夜も江守にとっては良い影響を受けないので、夏の夜は室内の涼しい場所に移動するようにしてください。

温度によって枯れることもある江守ですので、気温に敏感な部分もあります。

温度を注意しておくとサボテンも順調に育つことができます。