サボテン江守の成長に欠かせない水やりについて

江守の水やりの仕方について

サボテン江守にとって水やりは非常に重要な作業です。

水を与えないと江守は枯れてしまいます。

江守に水やりはたっぷりと行う必要があります。

水やりの際には葉っぱにめがけて霧吹きで水やりをするよりも、江守の根にめがけて水やりをするようにしてください。

江守は根から水の養分を吸うので、葉っぱに水をやっても意味がないからです。

江守の水やりの注意点

水やりは江守にとって重要ですが、毎日水を上げる必要はありません。

水やりが必要だなと思う目安としては、江守に植えている土が乾いたならば水やりを行う必要があります。

まだ、土が乾いていないのにずっと水やりを行っていると、江守が根くずれを起こして、枯れてしまうことがあります。

水やりをする際にその点は注意してください。

また、雨を水やりの代わりにすることもやめたほうが良いです。

雨による水やりはサボテンを枯らしてしまうことが多いので、しっかり自分で定期的に水やりを行うようにしてください。

季節によって土の水の乾き方も変わるので、夏と冬は特に水やりに関しては慎重に行うようにしてください。

これらの点に注意するならば、水やりでサボテンに良い栄養を与えることができます。