あなたの大切なサボテン江守が枯れてしまう!?適切な管理の方法とは!?

サボテンはもともと乾燥している地域に生えているというイメージを多くの人が持っていると思います。

映画のワンシーンでも砂漠の場面でサボテンが生えているということがあると思います。
それゆえにサボテンはとても丈夫でたくましい植物だと思います。しかし確かに丈夫でたくましいですが、ある程度の限界があります。
その知識なしにサボテン江守を育てていたら枯れてしまいます。ここでは枯れてしまう原因について考えていこうと思います。

サボテン江守は水をあげなくても枯れない?

よく勘違いされているのはサボテンは乾燥に強いから多少水をあげなくても大丈夫だろと思われていることです。そんなことはなく植物なのできちんと水をあげないと枯れてしまいます。サボテン江守は丈夫なのですぐに枯れたりすることはないですが、だんだんと弱っていくのが目で見て分かるので、大切に育ててあげてください。

サボテン江守はほっといたら枯れずに育つ?

その次に勘違いされているのは水はあげるけど、土とかは変えなくてもいいだろと思われることです。
これもやはり乾燥した地域で育つからと思われているからなのですが、変えてあげてください。
土にも栄養分がふくまれておりそれを吸収して育つのですから、それがないと枯れる原因になってしまいます。
サボテンも生きていることを忘れずに育てていきましょう。