カビに狙われてる!?江守のダメージの大きさとは!?

江守にカビの生える原因と影響とは

江守を育てているとカビが生えてくることがあります。

一般的にカビは湿っていたり、湿度が高いと生えやすくなります。

そのため、江守の土が湿っていることが長く、湿度も高いと江守にカビが生えてきて悪影響を及ぼす原因になります。

カビが生えてくることにより、江守は腐食してしまいます。

江守の一部がカビによって腐食しているだけならば、その部分だけを切り取って江守全てに腐食することを防ぐことができますが、全身のほとんどをカビに浸食されていると助けるのは難しく枯れてしまう結果となります。

江守にカビを生えないようにする対策とは

カビが生えないようにするためには、湿度を高くしないようにすべきです。

風通しを良くして換気を常にしているならばカビが生えることを防ぐことができます。

また、江守の土が湿っていると土からカビが生えてくるかもしれないので、土にやる水やりを少なめにしたり、除湿剤を置いておくなどしてカビが生えないように対策を講じましょう。

特に夏の暑い時期はカビが生えやすくなるので、湿度に注意しながらサボテンを育てるようにしてください。