サボテン江守をうまく育てるための知識を得よう

江守を育てるポイント

サボテン江守は育てやすい植物として多くの方が育てていると思いますが、サボテン江守を育てるときにもいくつかのポイントを知っておくと枯れたりせずにすくすくと成長していくと思います。

一つ目のポイントは日に当てることです。

日の光が重要な江守は日光によく当てる必要があります。

2つ目は温度です。

江守は温度が寒いと弱くなるので、温度管理に注意する必要があります。

また、湿度も高すぎると、サボテンは枯れてしまうこともあります。

湿度が高くなりすぎないように注意することも必要です。

江守に適した場所で育てる

日に当てる、温度が低くなりすぎないようにする、湿度が高くなりすぎないようにするという点を踏まえた場所で育てることが大事です。

江守は雨にも弱いため、雨が濡れないところに置く必要もあります。

そうした点を考えてみますと、室内で育てることもできる分、日に当てるときはベランダで日光を十分に浴びさせ、夜は中で温度調整をして風通しの良いところに置いておくと良いかもしれません。

室内の中に日がかなり入ってくる場所があるならば、そこに置いてずっと室内でサボテンを育てることもできます。

適した場所を探して、江守を成長させてください。