棘がチクチク!サボテン日の出丸の植え替えってどうすればいいの?

立派な棘があり強そうなルックスのサボテン日の出丸。
「植え替えてくれるな!」と言わんばかりのルックスですが、サボテン日の出丸は成長とともに適度に植え替えをしてあげないと、根腐れ等の原因になってしまいます。
見た目とは反対にとっても繊細なサボテン日の出丸ですが、どう植え替えをすれば良いのでしょうか。
今回の記事では日の出丸の植え替えの方法について執筆致しました。

日の出丸はいつ植え替えたらいい?植え替えの時期とは?

サボテンは先ほど述べた通り成長に伴って必ず植え替えをしなくてはなりません。
では、植え替えに適切なタイミングってあるのでしょうか?
実は「あります!」
植え替えは基本的に成長期の直前に行うようにしましょう。
サボテンは春から秋の暖かい時期に成長します。
なので植え替えはゴールデンウィークあたりでは済ますようにすると良いでしょう。

自分も日の出丸も怪我しない!上手な植え替え方法とは

棘が立派なサボテン日の出丸ですが、自分はもちろん、日の出丸も傷めずに植え替えをしたいところです。
ではどのような手順で植え替えすれば良いのでしょうか?
まずは以下のものを用意しましょう。

  • 革手袋
  • トング
  • 新しい鉢(今より一回り大きいもの)
  • 割り箸

では手順です。

  1. まずは革手袋をはめ、トングを使いサボテンを今の鉢から抜き取ります。
  2. 根っこの古くなった部分や、腐りかけている部分がないかチェックしあればカットします。
  3. 日陰の風通しの良い場所で2、3日かけて乾燥させます。
    新しい鉢に土をちょうどいい具合に入れサボテンを入れます。
  4. 割り箸等を使って根っこの隅まで土が行き渡るように丁寧に土をかぶせて完了です。

初めはカットする②が不安かと思いますが、残しておくと、それが原因で根腐れしてしまうことも多いので思い切ってやってみましょう。