日の出丸の適切な水やり方法って知ってる?水やりを誤ると枯れることも!

サボテン日の出丸は水を与えすぎても、与えすぎなくても成長に悪影響を及ぼし、枯れてしまいます。
それくらいにサボテン日の出丸の生育には水やりは大切なことなのです。

日の出丸の水やりのタイミングとは

日の出丸の水やりのタイミングをどのように知るのかと言うと、土を見ます。
土の中まで完全に乾燥している状態であれば水やりをやっても良いタイミングとなります。

季節によって水やりの量を調節する

日の出丸の土の中が乾燥している状態は水やりのタイミングなのですが、サボテンには生育期と休眠期があり、それぞれの時期にかかる季節によって水やりの量を変える必要があるのです。
生育期は季節で言うと春と秋にあたります。
生育期は日の出丸が成長させるために、3日に一度くらいの割合で水やりをたっぷり行います。
一方で、休眠期は季節で言うと冬にあたります。
休眠期は成長が止まってしまう期間なので、この期間に水を与えてしまうと
日の出丸の根が腐ってしまう原因となり、生育を阻害してしまいます。
なのでこの期間は水やりは月に1度くらいのペースでよく、真冬だったり極寒の場合は全く水をあげなくても問題ありません。

このように、日の出丸の生育期と休眠期があることを知った上で、季節によって水やりのペースや量を
調節してあげることが、日の出丸の水やりの大切なポイントと言えます。