日の出丸サボテンが枯れてしまう!?その原因と対処法とは

強そうなルックスの日の出丸サボテンですが、間違った方法で育てていると枯れてしまうことが結構あります。
今回の記事では日の出丸が枯れないように、その原因と対処法について書いてみました。

日の出丸が枯れてしまう原因とは

日の出丸が枯れてしまう主な原因として、水やりの方法が間違っている場合があります。
乾燥地帯に自生しているサボテンなので、「水やり自体そんなにしなくて良い」と勘違いされている方や、ついつい可愛がりすぎて水やりをしすぎて「根腐れ」を起こしてしまうケースが多いようです。
その他にも、外でサボテンを栽培されている方は害虫の被害にあうこともあります。
室内では、風通しの良い場所でないとカビが生えて、それが原因で病気になってしまうことも非常に多いです。

日の出丸を枯らさない!環境によって違う対処法とは

日の出丸を枯らさないために最善を尽くしたいですよね。
ではどのように対応していけば良いのでしょうか。
まず、水やりの問題ですが、これは地域や育てる環境によってもかなり変わってくるので一概にはいえません。
水やりのベストな方法は、土の中まで乾き切ったらたっぷり水をあげることです。
竹串を土に挿して(根っこを傷つけないように注意しましょう。)土の中の水分の状態をチェックしてあげましょう。
害虫の問題ですが、これはホームセンターなどで買える害虫避けのグッズを使うと効果的です。
以上の方法を試してみてください。