日の出丸につく厄介者!害虫対策ってちゃんとしてる!?

日の出丸サボテンを育てるにあたって害虫には気をつけなくてはなりません。
それは、日の出丸サボテンは害虫がつきやすく、被害を受けやすいからです。
害虫被害を受けないためにも日の出丸に付く害虫について知っておく必要があります。

日の出丸の害虫が付きやすい場所とは

害虫が付きやすい場所は日の出丸の棘と棘の間や葉っぱ部分です。
数ミリ程度の小さな虫が特徴であり、普段からこまめに観察して、
棘や葉に異常がないかどうかチェックすることが害虫の早期発見にもつながります。

日の出丸に付きやすい害虫の予防と駆除について

害虫予防として、週に1回ほど殺虫剤をまいてあげることが有効と言えます。
また、サボテンの近くに他の草花を置かないことも日の出丸サボテンから害虫を守るために大切なことです。
他の植物から害虫被害を受けやすいので、それの予防にもなります。
ですが、それでも害虫がサボテン日の出丸に付いてしまうことがあります。
もし付いてしまったら、すぐに駆除することが最も重要です。
ピンセットで虫をつまんで駆除したり、害虫により傷んでいる箇所があればそこを除去してあげます。

サボテン日の出丸の害虫が付きやすい場所を覚えておき、そこをこまめにチェックすることで
早期発見と駆除につながり、殺虫剤で予防をしておくことで、サボテン日の出丸の害虫被害を少なくしてくれると言えます。