エキノカクタスが育つ温度ってどれくらい!?温度管理をして把握しよう!

エキノカクタスを始めとするサボテンは南アメリカからメキシコの非常に乾燥した地域に自生しています。
温度はなるべくなら室内や温室といった暖かい環境が良いとされています。
四季のある日本でエキノカクタスを育てるにはどんな環境づくりをしてあげたら良いのでしょうか?
今回の記事では、エキノカクタスがグングン育つ温度について執筆します。

外でも大丈夫!?エキノカクタスは温度変化には結構強い!

エキノカクタスが自生している地域は、昼間は40℃夜は10℃前後になることもある過酷な環境です。
日本の場合ですと冬場で0℃以下になる地域以外でしたら外でも育てられるのです。
ですが、さすがに10℃を下回ってしまうとかなり弱ってしまい、枯れる原因にもなるので注意が必要です。

結論!エキノカクタスの育てる温度とは!?

正直これは時期によって場所を変えるのがベストでしょう。
春から秋の成長期にかけては外で日光を浴びせてあげてグングン成長させ、休眠期の冬は室内の日当たりのよい、かつ換気のできている場所で育てましょう。
とはいっても夏場にガンガン直射日光は避けてくださいね。
日焼けをしてしまってそこから枯れていく原因にもなってしまいます。
エキノカクタスサボテンを育てる温度は、地域や環境によって変わってきます。
あなたのお住いの地域に適切な方法でエキノカクタスを育ててあげてください。