エキノカクタスサボテンの成長に良い置き場所とは?

サボテンはどこでも置いて育てられるイメージが強いですが、実は光や湿気に影響されやすい植物でもあるので、サボテンを保つには置き場所は大切なポイントとなります。

エキノカクタスサボテンの置き場所に適しているのは?

エキノカクタスは日当たりが良く風通しの良い場所がおススメです。
4月から9月は少し遮光するくらいが望ましく、特に真夏の強い直射日光はエキノカクタスの日焼けにもつながりますので、
レースのカーテン越しに置いておくといった程よく優しく光が取り込めるようにすると良い状態に保つことができます。
一方、冬の寒い時期はたっぷり日に当ててあげます。
エキノカクタスは寒さに弱い植物でもあるので、特に寒さに弱い種類のものは室内に取り込んで
日当たりのよい窓辺などに置いておくのが良いです。

季節ごとにエキノカクタスの置く場所を考える

季節ごとに気温や環境が異なるので、エキノカクタスの置き場所も変えてあげることがエキノカクタスを元気に保つことにも成長にも良い効果を促してくれます。
春は少し光が遮光できる場所で、夏は光が強いので必ず遮光します。
秋は徐々に日光に当ててあげて、冬は出来るだけ日光に当ててあげます。
どの季節にも共通することは、風通しの良い場所に置いてあげることです。