オシャレにエキノカクタスを水栽培!?その方法を伝授!

エキノカクタスを水栽培するメリットとは

エキノカクタスを水栽培にすることにより、鉢で育てるよりも簡単に育てることができます。
エキノカクタスのようにサボテンは水やりの調整がとても難しいので、水やりを多くしても少なくしても枯らしてしまうことがあります。
しかし、水栽培にすることにより、そのリスクを無くすことができます。
また、水栽培は土を使わずに育てるので、土の病原菌に感染する恐れも、害虫が発生する恐れも無くなり、育てやすくなります。
このように水栽培に切り替えることで、エキノカクタスも長く生きることができるようにすることができます。

エキノカクタスの水栽培のやり方

水栽培を行うときに、エキノカクタスを水栽培用に改造することが必要です。
まずは、根についている土を落とします。
その次に、本体から1センチぐらいのところで根を切り落とし、乾燥させます。
そして、水を張った瓶の中にサボテンを入れ残った根が水面に少し触れるくらいに調整します。その後、液体肥料を入れますが、少しずつ入れていく必要があります。
そして、日の当たる場所に置いておくと、しばらくして根が生えてくるので、これで水栽培が完了となります。
秘訣は慌てずにゆっくりすることです。