エキノカクタスが狙われる!害虫の種類と対策について

サボテンを育てていると害虫がつくことがあります。
小さいサイズの害虫ですので、しっかり見ないと害虫の存在に気付くことも難しいです。
エキノカクタスも害虫に関しては例外ではなく付いていることがあります。
害虫の種類でいうとワタムシやネジラミという害虫があり、ワタムシもネジラミもすごく小さくて肉眼で見えるかどうかの害虫です。

エキノカクタスの害虫による影響

ワタムシは植物の成長を妨げますので、エキノカクタスにもワタムシが付くと成長がうまくいかないかもしれません。
またネジラミも同様の影響を及ぼします。
これらの害虫以外にもたくさんの害虫がいますが、どの害虫にも言える悪影響としては腐食の原因になるということです。

エキノカクタスを害虫からさけるには

エキノカクタスを育てていてこれらの害虫が付くことで枯らしてしまうことになるとがっかりするので、害虫が付かないようにすべきです。
一つの方法としてエキノカクタスを他の植物と一緒に置かないようにすべきです。
他の植物から害虫が付く可能性があるからです。
湿気によって害虫が付くこともあるので、常に鉢を乾いた状態に保つようにするなどして、湿度にも注意を払っておく必要があります。
この点に注意するならば、害虫予防になると思います。