春雷サボテンを上手く育てるには温度調整が大事

春雷サボテンの温度による影響とは

春雷を成長させて、きれいな黄色の花を見たいと思われるのなら、温度は大事な要素となります。

春雷はサボテンなので暑さには強いですが、逆に寒さには弱い特徴があります。

そのため、温度が低い状態がずっと続くならば、春雷は枯れてしまうことがあります。

また、暑さに強い春雷も40度以上を超えるような暑さがずっと続くならば、弱ってしまうことがあるので、暑すぎず寒すぎない温度の環境を作ってあげることが必要です。

春雷サボテンの温度に注意する季節とは

暑すぎても寒すぎてもだめなので、日本では夏と冬は特に注意する必要があります。

室内で春雷を育てている場合、夏場は気温が高くなることがあるので、常に室温も注意する必要があります。

また冬場は特に寒い季節となるので春雷の育て方が難しい季節といえます。

外で日光に当てるために置いていても、すぐに温度が下がり、寒くなることがあるので日に当てるときも注意しなければなりません。

雪などに当たると、春雷はダメになることもあるので、温度の変化による天候にも注意してください。

温度の調整をしっかり行っておくならば、春雷も育っていくので温度管理も大事にしてください。