春雷サボテンの水やりの仕方が成長に関わってくる話

春雷サボテンの水やりの程度

春雷を成長させるのに、水やりは欠かせない作業です。

春雷は水を多く必要とするので、水やりを毎日行う必要があります。

水やりをする程度は冬は少ない水やりでもいいですが、春や秋といった成長時期には水を多くしてあげる必要があります。

水やりを欠かさずすることや季節によって水やりの量を変えてあげると、春雷も順調に育っていくと思います

春雷サボテンの水やりの注意点

水やりは大事なのですが、注意しないと水やりのせいで枯れてしまうことがあります。

まずは、外に置いているときに雨を利用して水やりをすることは避けてください。

雨に当たると、成長がうまくいかない場合があるからです。

また、春雷の根本は水に弱いので根元にめがけて水やりをするのは避けた方が良いと思います。

水やりを一日のうちに何回かするかもしれませんが、土が乾いていないならば、水やりをすることは避けた方が良いです。

まだ、水分を十分に吸収されていないかもしれないので、しっかり土が乾いた後水やりを行うようにしてください。

水やりは春雷を大きくしきれいな花を咲かせるために必要とはいえ、注意して行なわなければいけません。

適当には行わないようにするのがポイントです。