春雷サボテンをオシャレに水栽培!?その方法とは!?

春雷サボテンを水栽培するには!?

春雷は大きな黄色の花を咲かせるサボテンですが、成長させるのが時に難しいときもあります。

害虫にやられて枯れてしまったり、植え替えをするときに失敗して枯れてしまうことがあります。

そんな枯れる心配を水栽培に切り替えることで、防ぐことができます。

水栽培の方法は、まず始めに春雷を根っこからゆっくり外します

その後、乾かします。

瓶を用意して、底に水を入れ根っこから春雷を入れていきます。

水栽培にするときは慎重に行う必要がありますが、手順としてはこのようにすることで、水栽培ができます。

春雷サボテンの水栽培のメリットとは

水栽培にすることで、水やりによって枯れることを防ぎます。

時に水やりのやり過ぎで枯れることがあるからです。

また、害虫が寄ってくることもある程度防ぐことができます。

害虫は大体土が原因で春雷につくことがあるので、その点も良いメリットと言えます。

水栽培にすることで、ある程度の枯れる原因を回避することができます。

水栽培にしたあとも、日光に十分当てるなどの世話はもちろん必要です。

また、肥料水をあげることで、花を大きくすることもできます。

もし、水栽培が良いと思うならば、やってみてください。