春雷が枯れないため!あなたの春雷サボテンは大丈夫!?

春雷サボテンが枯れてしまうのはなぜか。

春雷は黄色い花をさかせるきれいなサボテンです。

しかし、花を咲かせる前に枯れてしまうこともあります。

枯れるポイントは、水やりが少なかったり、肥料を与えすぎてしまったこと。

温度が低すぎて寒くて枯れてしまった、など枯れるポイントはいくつも存在します。

枯れてしまうと今まで育ててきた苦労も水の泡になります。

春雷サボテンが枯れないようにするにはどうすればいいか

そのため、枯れることがないように、温度や、水やり、害虫などの環境に気を配る必要があります。

温度が低くなってきていると思ったならば温度が高い場所に移し替える。

日光に当たっていないならば、日を浴びさせるようにする。

このように、春雷の環境を見て何か足りないと思ったならば、改善するように努める必要があります。

もし、元気が無く枯れてきていると思ったならば、根っこの部分を見てみてください。

根っこが腐食していると、助けることは出来ないので、あきらめるしかありません。

しかし、根っこの腐食が小さいならば、その根っこを切り落としてみてください。

枯れることを防ぐことができるかもしれません。

環境に注意することが枯れることを防ぐ秘訣になります。