カビによって春雷サボテンが枯れてしまうかも!?あなたの春雷は大丈夫!?

カビによる春雷サボテンの病気とは

春雷は環境によって病気にかかってしまうことがあります。

土壌伝染病や疫病などがありますが、病気の原因となるのはカビです。

カビが原因で春雷が枯れてしまうということも生じるので、春雷を育てていてカビを発見したならば、すぐに対処すべきです。

春雷サボテンに生えるカビの対処方法

もし、カビを発見したならばカビ取り剤を使用することができます。

カビ取り剤を春雷に塗って歯ブラシなどで軽くこするとカビが落ちていきます。

しかし、カビによるダメージが大きい時はカビ取り剤を使用しても取れないこともあるため、そんな場合は、ナイフやはさみで切ってしまうとカビによるダメージが全体に響くことを防ぐことができます。

カビの進行が進んでいないうちに対策を講じることが大事なので発見したら、すぐに対処してください。

春雷サボテンにカビが生えないようにするには

カビは湿度が高いと繁殖するので、湿度が高くならないように注意すべきです。

また、風通しが良いところに春雷を置くことでカビが生えることを防ぐことができます。

湿度と風通しに注意していれば春雷にカビが生えるのを防ぎ、健康を保つ秘訣になります。