あなたの春雷サボテンが害虫に狙われている!?春雷を守る方法とは!?

春雷サボテンの害虫による影響とは

春雷を育てていると害虫が付いていることがあります。

ほとんどの害虫はとても小さいので、よく見ないと分からないことが多いです。

しかし、小さいからと言って害虫を甘く見てはいけません。

害虫は春雷の成長を妨げるだけではなく、枯れる原因にもなります。

害虫の種類によって影響力も違います。

そのため、発見すればすぐに駆除する必要があります。

春雷サボテンの害虫の対策と予防について

害虫を予防するにはまずは湿度です。

湿度が高いと害虫は発生しやすくなるので、湿度に注意しましょう。

また、葉の裏面や茎の部分をよく観察しておくことも必要です。

虫がついていたら、取り除くようにしてください。

植え替えの時に根っこにも害虫がいるときがありますが、そんな時は水でやさしく洗うことで駆除できます。

予防としては、お酢を水で薄めて霧吹きで春雷にかけてあげることができます。

薬のように即効性は無いですが、定期的に振りかけてあげることで、虫が付きにくくなります。

どうしても、害虫を付けたくないならば、専用の薬を使用できますが、多くすると枯れる原因になるので調整する必要があります。

害虫は春雷の敵ですので、しっかり対策と予防をしてください。