太平丸をオシャレに飾りたい!水栽培にチャレンジしてみよう!

太平丸サボテンも流行りの水栽培できるって知っていましたか?

大きい株は難しいですが、まだ小さいチビ太平丸を可愛くオシャレに水栽培してみましょう。

今回の記事では太平丸の水栽培についてご紹介します。

太平丸サボテンを水栽培するメリット

そもそも水栽培ってどんな栽培方法かわからない方もいるかと思いますので、簡単にご説明します。水栽培は読んで字の通り太平丸サボテンを土を使わずに栽培する方法です。
「ハイドロカルチャー」なんて呼び方をする方もいますね

メリットはたくさんあるんですが、何と言っても水栽培はオシャレ!
透明な瓶に刺してある太平丸サボテンちゃんはとっても可愛いです。
さらに、害虫の被害にも会いにくいのが特徴です。
水の交換はしなくてはいけませんが、水やりはしなくて大丈夫です。
また太平丸の根っこの様子透けて見えるので、何か異変があればすぐに対処することができます。

太平丸サボテンを水栽培する手順

太平丸サボテンを水栽培するには、そのまま水につけるだけでは腐ってしまいます。
ちゃんとした処置をしなければなりません。
以下の手順で太平丸サボテンを水栽培用に加工していきます。(超簡単)

まず太平丸を植え替えの手順で鉢から抜きます。
一旦根っこにつている土を全て洗い流してしまいましょう。
綺麗になった太平丸サボテンの根っこを付け根から1cm程度残し、丸くカットしてしまいます。
なぜ、根っこを切ってしまうのかというと、今ついている根っこは土専用の根っこ。
このまま水栽培してしまうと根っこが腐ってしまいます。

太平丸サボテンを水栽培するには水栽培用の根っこを生やす必要があるんです。

根っこを切った太平丸を2、3日かけてしっかり乾燥させます(太平丸の生命力を強めるため)

100均等で買ってきた瓶に太平丸の根っこがギリギリ水面につくように水の量を調整します。

以上で水栽培の準備は終了です。
1週間ほどで水栽培に適した根っこが生え、オシャレな水栽培ができるようになります。