大切な太平丸サボテンにカビ!?原因と対処法とは!?

他の植物と比べて世話のかからないイメージの太平丸サボテンですが、湿度が高かったりするとカビの原因にもなってしまいます。
カビ生えると、そこから様々な病気の原因にもなります。
今回の記事では、サボテンにカビを生やさない、また生えてしまった時の対処法をお伝えします。

太平丸サボテンにカビが生えてしまう理由

ではな太平丸サボテンにカビが生えてしまうのでしょうか?原因を突き詰めない限り、再発してしまうのでまずはここを見直しましょう。
太平丸にカビが生えてしまう原因は主に環境による影響がほとんどです。
「太平丸を湿度の高い部屋」や「換気のしていない部屋」で育ててはいませんか?
また、害虫の排泄物から、カビが生えることも少なくありません。
害虫が原因なのか、環境が原因かを見極めましょう。

太平丸サボテンをカビから守るには

では、憎っくきカビから太平丸を守るにはどうしたら良いでしょう。
カビの発生した部分がまだ小さければ、ホームセンターや園芸店などで購入できるカビ取り剤を歯ブラシなどにつけて擦って取ってあげましょう。
太平丸の一部がカビの発生によって病気になってしまった場合はその部分をカットしましょう。
傷んだ部分からどんどん病気が進行してしまうので迷わずカットしましょう。
土もカビに侵されているので植え替えもしましょう。