神仙玉も植え替えが必要?大きくなった神仙玉の植え替えの方法とは!?

神仙玉に限らず鉢に植えているサボテンは、成長ごとに植え替えをしてやらないと枯れていってしまいます。
せっかく立派に育った神仙玉が枯れてしまっては悲し良いですよね。
今回の記事では神仙玉の植え替え方法について執筆致しました。

神仙玉の命!真っ赤な棘を傷つけずに植え替えを!

神仙玉を植え替えるとき、最も注意を払うのが命である赤い棘ではないでしょうか!?
立派な棘を傷めずに植え替えを完了したいものです。
必要なものをまとめてみました。

  • 現在の鉢より一回り大きい鉢
  • ぶ厚めの発泡スチロールの板
  • 革手袋
  • トング

神仙玉を上手く植え替える方法

まず、広い場所に発泡スチロールの板を敷きます。
その上に神仙玉を鉢ごと横に倒して安定させます。
革手袋と、トングを駆使して鉢から神仙玉を傷めないように取り出します。

根っこについた土を揉み落として、古い根っこや腐りかけている部分を完全に除去します。

その後3日ほど乾燥させてから植え替え用の鉢を用意します。

サボテンの根っこを広げて鉢の中でのびのびできるようにしてあげましょう。
そこに丁寧に土をかぶせて完成です。