最適な温度で神仙玉を育てたい!サボテンに最適な温度とは!?

サボテン 神仙玉に適した温度とは

サボテン 神仙玉に適した温度とは、アメリカ中西部からメキシコにかけての温度、つまり乾燥気候の温度が最適です。
零度以下になる場所にはなるべく置かないように心がけましょう。
出来ましたら室内で育てる方が良いとされています。
日本本州では、冬季以外には戸外での生育も問題ありません。
温室の方がなお良いと言われていますが、戸外で元気に育っているサボテンも多いのです。

サボテン 神仙玉はなかなか強い

本州でも冬季には零度以下の温度になる場所もありますから、温室の方が発育には良いと言われています。
しかし、稀に零度以下を迎える西日本平野部分などでありましたら、戸外でも生き残れる場合が多いのです。
温室育ちでも美しく鑑賞することができますが、サボテンは意外に温度変化にも強い植物です。

温帯気候(零度以下にならない)でありましたら温度管理にはさほど神経をとがらせなくても大丈夫です。
凍結が予想される地域では、冬季には室内で育ててあげる事が大切です。
凍ってしまいますと、枯れてしまう可能性が高くなります。
寒さが厳しい季節には、サボテンのグリーンを室内でゆっくりと楽しむのも素敵な時間の過ごし方と言えるでしょう。