神仙玉に水やりって必要!?サボテンの水やりの基礎知識

神仙玉にはどんな水やりが良い?

サボテンは乾燥を好みます。水のやりすぎには注意が必要です。
特に屋内で育てます場合には、毎日たっぷりと水やりをするのはNGです
神仙玉が腐ってしまう原因になってしまうのです。
一週間に一度くらいのペースで水やりが好ましいでしょう。
極度に乾燥しますと、サボテンが干乾びてくるのが分かります。
その時には、たっぷりとお水を上げましょう。

サボテン 神仙玉はお水が苦手?

湿った状態が苦手なサボテンです。
しかしお水は必要でもあります。
乾燥が続きますと、サボテンでさえ枯れてしまう事があるのです。
しかし、日本の梅雨時など多湿状態が続きます時には水やりは控えた方が良いでしょう。
空気中に水分が満ちている状態ですから、出来るだけ水やりせずに風通しの良い場所においてあげましょう。
水やりに気を使わなくてもよい植物としてサボテンがあげられるくらいですから、こまめな水やりは必要ありません。
水やりを中々やりにくい場所にディスプレイして、乾燥が続きましたらお水を与えるということも可能です。
サボテン 神仙玉は、水やりよりも、お水のあげすぎに注意が必要な植物です。