神仙玉サボテンも水栽培可能!?小さい神仙玉をオシャレに飾ろう!

神仙玉を始めとするサボテンも今や水栽培が流行っている時代。オシャレさには勝てません笑
巨大な神仙玉を育てたいと考えている人には邪道かもしれません。
しかし、「窓辺にちょこんと飾っておきたい」「小ぶりな神仙玉が可愛い」なんてあなたにはぴったりの方法です。
この記事では神仙玉の水栽培を行う方法を記載しています。ぜひ最後までお付き合いくださ。

神仙玉を水栽培するには!?

まずは小ぶりな神仙玉と丁度良いサイズの瓶を用意しましょう。
手順は簡単で以下の通りです。

買ってきた神仙玉を植え替えの容量で優しく引っこ抜きます。
植え替えの記事はこちらから

根っこについた土を丁寧に洗い流します。

そこでここがポイント
根っこを1cmくらい残してあとは切っちゃてください。
今まで生えていた根っこは土用の根っこなので、水につけていると腐ってしまいます。
これから水栽培用の根っこを生やすんです。

この状態で2、3日干します。

その後、しっかりと乾いた根っこの先に少しだけ触れる量の水を瓶に入れます。

1週間もすれば水栽培用の根っこが生えてきます!

神仙玉の水栽培で枯らさないポイント

水換えは週一くらいの頻度で忘れずに行いましょう。
水栽培の置き場所ですが、直射日光は強すぎるので、「カーテン越しに日光が当たる」くらいの場所に置いてあげてください。

水だけだとほとんど育たないので、たまに少量の液体肥料も混ぜてあげると元気に育ちます。