サボテン金鯱は素人でも育てやすい!人気の秘密と育て方とは!?

サボテン金鯱のインパクトのある棘はさにサボテンの王様!
立派な黄金の棘と、丸いその形はとっても美しいです。
まさにキングオブサボテン!な金鯱ですが、どのように育てれば良いのでしょうか!?

サボテン金鯱は育てやすい!サボテン初心者にオススメ

実は金鯱はサボテンの中でもとても育てやすいポピュラーな品種なんです。
棘のインパクトもかなりあるので、サボテン初心者の方にはとてもオススメです。

金鯱が最も育ちやすい季節は4〜6月で、春秋生育型のサボテンです。
日本の夏場の暑さは金鯱にとってはちょっと辛いようで育ちが鈍ります。

人間と同じ様に、春と秋が過ごしやす様ですね。

要注意!?金鯱は寒さが苦手だった!?

要注意ってほどでもないんですが、金鯱は耐寒性が低いため冬場は基本的に育ちにくい性質です。
しかし、枯れていくわけではなく、「冬眠中」だと考えていただければ良いでしょう。

冬の時期は室内等で5℃程度を維持できる場合には月に1℃程度の軽めの水やりでOK。
5℃以下になってしまう場合や、室内に置くのは難しい場合でしたら、水やりをせずに、水を切ってしまった方が良いでしょう。