サボテン月影丸は育てやすい!?素人でも上手に育てるには!?

一言でサボテンと言っても種類は様々です。
サボテンというと一般的には砂漠などの高温地域に生えている姿を想像する人が多いかも知れません。
高温には強いかも知れませんが、低温にはどれくらい耐えられるのでしょうか?
しっかりと、月影丸の特徴を把握し適切な育成環境で育ててあげましょう。

月影丸の特徴について

サボテンに限った話ではありませんが、植物をきちんと育てていくためにはまずその特徴を正確に把握することが重要です。
ここでは、まず月影丸の特徴についてまとめます。

  • 耐寒性、耐暑性に優れており、氷点下から40度以上といった環境にも耐えることができます。
  • 高温には強いものの、強い光にはやや弱く、日焼けをして灰色になってしまいます。
  • ただし、年間を通して日光にはなるべく長い時間あてた方が良い。
  • 水は好む方です。

月影丸の育て方

耐寒性や耐暑性に優れているといっても、やはり限界に近い温度環境で育てるのではその後の成長に影響が出るので、住んでいる地域によっては可能であれば冬場は日中のみ外に出すなどの調整を行った方が良いです。
また、氷点下以下の温度に耐えられるといっても24時間耐えられる訳ではなく、明け方の1-2時間程度であれば耐えることもできるという意味であることを注意しておきます。
夏場は水やりが多いと腐りやすくなってしまうため、10日に1回程度で、控えめにしたようが良いです。
冬場については、30-40日に1回程度で十分です。