フェロカクタスがグングン育つ!上手に温度管理をして育てよう!

サボテンフェロカクタスには温度管理が必要

サボテンはフェロカクタスは乾燥地帯原産の植物です。

生育の温度管理はなるべく室内や温室が良いとされています。温室で肥料を与えられて生き生きとした姿で成長しているフェロカクタスはその色つやも素晴らしく、トゲは強くて鋭利に育っています。

昼夜の温度差が必要ということも有りますが、凍ってしまいますと枯れる原因に繋がります。
本州の冬寒い時期には日差しの良い室内で育ててあげましょう。

フェロカクタスには意外に外でも大丈夫な場合もある

鋭利なトゲを持つフェロカクタスが戸外で生育している姿を見た事があります。
花が咲いています所は見た事がないのですが、冬場にも大きな姿で外にそびえているのです。
泥棒よけになるほどに鋭いトゲで見た目も圧巻ですが、冬でも元気な姿というのがまた印象的でした。

本来は、冬の零度以下になる場合などを考慮しまして室内で育ててあげたいサボテン フェロカクタスですが、戸外でも生育不可能ということもないようです。
冬の戸外はおすすめは出来ませんが、生育している強いフェロカクタスを見ましたのでご紹介させて頂きました。