金鯱サボテンがグングン育つ温度って!?寒さが苦手ってほんと!?

金鯱に限らず、サボテンといえば常夏のイメージではないでしょうか?
そのイメージ通りで、金鯱ががっつり成長するのは「春から秋」にかけてです。

金鯱をグングン大きく育てて花を咲かそう

金鯱サボテンの1年には成長期と休眠期があるのはご存知でしょうか?
春から秋にかけてが成長期
冬の気温の低い時期は休眠期

とされています。
大きな金鯱を育てて、いつか花を咲かせたい!
金鯱は大きく立派に育ってくれるのでそのように思う方も多いでしょう。
金鯱が育つ温度は10℃以上30℃前後でもグングン育ちます!
まさに夏バテ知らず!
しかし、水のやり方や肥料のやり方を間違うと枯らしてしまうことも。

これは地域によって様々なので一概にはいえません。
参考までに以下の記事も合わせて呼んでいただけると、より知識が深まるかと思います。

 

インテリアになる!小ぶりな金鯱の適切な温度とは

インテリアとして金鯱サボテンを育てられている方も多いのではないでしょうか。
窓辺にちょこんと小さいサボテン。可愛いですよね。
最近では100均にも売っているほどポピュラーになりました。
金鯱を大きくせず、そのままの大きさでオシャレに育てるにはどれくらいの温度が最適なのでしょうか。
実はこれは普通の室温でOKなんです。
地域や季節によっては寒くなることもあるかと思いますが、0℃を下回らなければ大丈夫です。

金鯱サボテンに最適な温度は10℃以上

冬場でも10℃以上であれば金鯱サボテンは冬眠状態で枯れる事はありません。(水やりを忘れずに)
グングン活発に育ってくれるのは20℃以上(春から秋にかけて)
肥料を与えるならこちらの記事も参考にしてください。