夏・冬に気を付けるべき月影丸サボテンの温度環境


月影丸は暑い分には大丈夫?

暑い場所が得意な月影丸サボテン。

温度は、最低5℃~40℃であれば大丈夫です。

日本の夏場でも大丈夫でしょう。ただし、熱帯夜はサボテンが苦手です。もともとサボテンが育っていた砂漠では昼が高温なのに対して、夜はぐっと気温が下がります。

とはいっても、暑さには月影丸サボテンは強いので、よほどのことがない限り暑い分には心配がいらないでしょう。

ただし、直射日光があたらないように注意してください。変色などのトラブルが起こります。

月影丸は冬は室内に入れるべき?

暑い夏場であれば、なるべく日光が当たる屋外で育てたほうがよいですが、温度が5℃を切るような真冬は、室外で管理するのがいいでしょう。

特に雪がふる季節ですと室外においたほうが無難です。冬場は乾燥した室内環境で育てたほうがよいです。

玄関など、暖房の影響があたらない場所などがよいです。日当たりはなるべく確保するようにしましょう。

しかし、窓辺に置く場合朝晩の冷え込みで凍ってしまうことがありますので、夜になる前に置き場を変えるなど工夫が必要です。

なお、冬場には水やりの水の温度にも注意しましょう。つめたい水であれば凍ってしまう危険がありますので。