元気に育てたい!金鯱サボテンの水やり方法とは!?

金鯱だけに限らずサボテンの水やりって難しいですよね。
金鯱サボテンを可愛がって水をあげすぎてしまうと、根っこが腐ってしまうので注意が必要です
適切なペースで水やりをして元気な金鯱を育てましょう!

要注意!金鯱の水やりにはルールがある!

金鯱の故郷メキシコは非常に乾燥した地域ですので、水のやりすぎは禁物です。
しかし、水が少なすぎてもしなびて枯れてしまいます。
つまり、「成長できない状態」と「根っこが腐る」この間で「成長」します。
こういうと難しく感じるかもしれませんが要はどのように育てたいのかが重要です。

金鯱らしく大きく育てていつかは花を咲かせたい!!

金鯱を大きく成長させるのはなかなか難しい上に気を使います。
日光、水やり、肥料のバランスを絶妙に加減しなければなりません。
結論から言いますと
日光バッチリ、水やりほどほど、肥料も追加して成長加速
これが黄金比です。

どうしてこんなにざっくりしているかというと、気温、湿度も密接に関連しているからです。

以下の記事も合わせて読んでいただければより詳しく書いてあります。

オシャレに窓辺にちょこんと飾っておきたい!!

ちっちゃい金鯱ってめっちゃ可愛いですよね。
小さいのに立派な棘がありキングオブサボテンの風格があります。
ではそうすれば大きくなりすぎず、オシャレに枯らさず育てられるでしょうか。
水やりのバランスにポイントがあります。
日光はあまり関係ない(無いのはダメ)、水少なめ、肥料なし
これまたざっくりで申し訳ありません。
しかしこれも環境によって大きく変化するので一概には言えないのです。

オシャレに金鯱を育てたいのであれば、ぜひ水栽培も検討してみてください!
以下の記事に金鯱の水栽培についてまとめてあります!