水のやりすぎに注意!月影丸サボテンはどのくらい水をやればいいの?


月影丸にそもそも水やりって必要?

月影丸サボテンには、もちろん水やりは必要です。ただ、毎日水をあげるわけでは決してありません。

過剰な水やりは根腐れの原因になりますので、土が乾いたのを確認してから、たっぷり水をあげましょう。

鉢の底穴から、水が滴るくらいで大丈夫です。

水が鉢の中にたまりっぱなしだと根腐れの危険がありますので、必ず水はけは良くしましょう。


夏場と冬場で水やりは変えたほうがいいの?

夏場と冬場で水やりは変えましょう。特に環境の変化が激しい屋外では注意が必要です。

月影丸サボテンが成長しやすい春から夏にかけては、土がかわいたときにたっぷり水をやりましょう。

およそ数日に1回の頻度になると思います。梅雨時にはむしろ必要以上に水がしみこまないように、室内に置いたほうがいい場合もあります。

秋には少し水やりの頻度を減らし、2週間に1回程度水をやります。

初心者が一番失敗しがちなのが、冬の水やりです。

水やりの頻度を1ヶ月に1回程度に減らします。

月影丸サボテンは冬場は休眠期です。過剰な水やりは避けましょう。なお、屋外で育てている場合は室内に避難させたほうが無難です。凍結の心配があるので、特に寒い時期は全く水やりをしないほうがいいでしょう。