油断大敵!フェロカクタスにカビを生やさないと生えた時の対処法!

フェロカクタスの大敵はカビ

サボテン フェロカクタスの大敵はカビです。
カビは、湿度の高い状態で発生します。
日光の力が弱い所でも発生してしまいます。
カビが起こらないように、直射日光に当たる場所で育ててあげましょう。
風通しがよく、水はけがよい状態での生育が必要なのです。
カビ取り剤というものも販売されていますから、カビが生えてしまった時には散布するのも良いでしょう。

サボテン フェロカクタスがカビしてしまう時

サボテン フェロカクタスがカビてしまう時には、土もかびてしまっている場合があります。
サボテンはカビ取り剤をかけて処置をしましょう。
カビてしまっている土は捨て、新しい水はけのよい土を用意しましょう。
また、害虫などがついてしまう時には、殺虫剤を散布すると効果的です。
カビが発生しないように、花の後や枯葉などが鉢の中に残らないようにきれいにしてあげましょう。
表面に小石などを飾りますと、鑑賞用にも美しくディスプレイできます。
カビ防止に、梅雨時期の水やり、肥料のやりすぎには注意が必要です。
カビ取りを行う時には、御昼間の明るい時間に戸外の風通しの良い場所で行いましょう。